年初めに一年の目標を

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

-shared-img-thumb-C789_iseebitoosechi_TP_V

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

皆さまお正月はどのようにお過ごしでしょうか。

今年は私の仕事が31日の夜遅くまであることが確定していたため、妻は子供を連れて実家に帰っております。


毎年正月は何かと忙しいことが多い気がしますが、たまにはこうやってのんびり過ごしたいものです。ただ、食べるものがないんですよね・・・最近は個人経営の店以外は元旦から営業していることが多いので困ることはないのですが。働くのも大変な時代になりましたね。

スポンサーリンク

今年の目標

さてのんびりと今年の目標を書き出してみました。無理やり10個挙げてます。

1.20万円/月拠出する

今年からNISA枠が120万円に拡大されました。一見中途半端な数字に見えますが、月10万円区切りよく拠出できるようになったわけです。妻の分と合わせて月20万円分、ギリギリですががんばって拠出したいと思います。

2.ジュニアNISA開設・積立開始

これも今年4月から始まる新制度です。NISAの未成年版ですね。年間80万円までの枠が設定されています。現時点の家計ではこの枠まで使い切る余裕はありません。ただ、子供のためにしてあげられる範囲で拠出していきたいと思います。お金について考えることができる年齢になったらいっしょに運用について話し合えたらいいですね。

3.500$/年の配当金をもらう

現在死にかけの金鉱株に投資(投機)しているため、配当利回りを稼ぐことができません。金鉱株は今悲惨な状況で、利回り1%を切るものや、配当中止している企業も多くあります。金鉱株ETF(GDX,GDXJ)も12月に配当こそあったものの0.7~0.8%といった低い水準でした。過去投資分から50$/年程度は見込めますので、あと450$。240万を2.25%の配当利回りで達成できます。金鉱株へ半分ほど投資予定で、米国株は四半期配当の企業がほとんどなので残りは4%近い利回りが必要になりそうです。また配当については順次投稿していきます。

4.固定費削減

現在我が家の固定費は月50万円ほどです。冗談ではなくマジです。住宅ローンと、車のローンと残価の積立が重くのしかかっています。独身の方々、もしご覧になっていたら覚えておいてください。

結婚、子育てにはお金がかかります。

自分一人暮らしなら固定費は5分の1・・・うまくやれば10分の1も可能だと思います。

ただ、結婚・子育てから得られるものはお金には換算できない素晴らしいものなのも確かです。

以上のことはすべて相手にもよりますが、独身の期間が最もお金を貯めることができる期間だと思います。大切に使ってください。

5.ポイントサイトの活用

最近ハピタスを使い始めました。以前はJACCSモールを使っていましたが、還元率が倍違うので乗り換えです。アマゾン、楽天、ポンパレモールなどよく利用される方は是非使用することをお勧めします。

6.ブログの継続

せっかくはじめたので頑張ってつづけていきます。とりあえず年間100記事ほどを目指して。備忘録として、また今後資産運用を始める人の参考、もとい反面教師でもなんでも、役に立つことがあればいいなと思います。

7.旅行に行く

もともとそんなに体力がないので頻繁に旅行していたわけではないですが、子供が生まれてからというもの、忙しさのあまり全く旅行に行った記憶がございません。妻への感謝もこめて、どこか旅行を計画したいと思います。

8.親孝行

孫の顔を見せに行きます。まあまあ近くですので月に何度か。今できる親孝行はこれくらいしかありません。

9.妻と家計の話をする

一番の目標。金使いが荒いわけではありませんが、無駄な出費は多いように感じています。家計に関して一任してくれているのはありがたいのですが、少しは興味をもってもらいたい。今案を考えている最中です。

10.健康でいる

子供がまだ小さいので死ねません。お金の面は心配していませんが、父親がいないのは教育上よろしくない場合が多いです。中途半端に倒れたりすることがないように、無理せずがんばりたいです。

以上になります。少し長い記事になってしまいました。

「適当」がモットーなので次からは気を付けます(笑)

資産運用系の目標はやや高めに、しかし現実的に達成可能な範囲で設定してみました。

来年どの程度達成できたかブログで報告できるよう頑張っていきたいと思います。