10年来安値!原油関連の投資対象を模索

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

金価格上昇にて金鉱株投資は一旦様子見

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

今月の給与が12日金曜日にSBIネット銀行へ定期自動入金されました。

本来なら金鉱株ETFの積立を検討するころなのですが、今月は食指が動いておりません。

金価格の大幅な上昇のためです。

2015年末から2016年2月現在までの金価格のチャートがこちらです。

暴騰中となっております。

大多数の方はここから買いに向かうのでしょうが、私は順張り投資は苦手です。

苦手というよりは勉強不足のため投資ルールの設定ができないという問題があります。

(株式投資を始めた学生の頃に順張りで痛い目にあったことも大きな要因ですが。笑)

仕事がある以上、夜中にザラ場へ張り付けないですし。

今回金鉱株投資をはじめる際に決めたルールは

  • 個別株は購入価格から10%下落するごとに追加購入
  • 暴騰がない限り、ETFをドルコスト法で積立

上記の二つです。

金鉱株は現在非常に魅力的に見えますが、当初のルールに従ってしばらくは様子を見ることにします。

個別株に関しては少なくとも現在の購入単価まで我慢するつもりです。

スポンサーリンク

原油関連の投資対象を物色

昨年夏ころ金鉱株投資をはじめる際に選択枝として迷ったのが原油関連への投資です。

原油価格のチャートがこちら

検討を始めたのが8月ころで、上昇の時期とかぶったために原油への投資を避けたわけです。

原油価格反発 サウジアラビアが減産提案の記事でも述べましたが、

OPECはそう簡単には減産に合意しないのではと思っています。

イランの経済制裁が解除された以上、サウジアラビアもやすやすと減産できないはずです。

私は原油価格の復活はシェール関連企業の体力次第だと考えています。

産油国同様、企業も原油安で経営を圧迫されており、破綻する企業もでてきています。

中・小型のシェール関連企業がある程度整理され、

原油供給に対する需要逆転の思惑がでたとき、本格的な原油上昇が期待されます。

現状では原油の底値はたかがしれているでしょうし、原油関連への投資を進めるつもりです。

どの対象に投資すれば大きくリターンがとれるのか検討してみようと思います。

先物以外で。