連続増配5銘柄から購入検討【UVV】を候補に

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

以前に絞った連続増配5銘柄について

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

前回、25年以上連続増配米国株から検討対象を決定しました。

25年以上連続増配の米国株から購入銘柄を検討【前編】

25年以上連続増配の米国株から購入銘柄を検討【後編】

対象として選んだ銘柄が次の5つです。

CINF、UVV、UHT、TROW、EV

業務内容は考慮せず、利回り・配当性向・PER等の数値のみで選考しています。

今回は上記の連続増配銘柄についてまとめてみます。

スポンサーリンク

連続増配5銘柄について詳細

・シンシナティ・ファイナンシャル

ティッカーCINF
株価61.24$
一株配当1.92$
配当利回り3.14%
配当性向71.1%
連続増配年数55年
3年配当成長率4.1%


シンシナティ・ファイナンシャルは損害保険、生命保険事業を展開する米国の持株会社。子会社のシンシナティ・インシュアランスは企業向け賠償責任補償、車両、労災補償、休業保険のほか、個人向け自動車、住宅用保険、年金商品を販売する。また独立系代理店に超過損害保険商品の仲介サービスを提供し、商業リースや融資事業も手掛ける。

・ユニバーサル

ティッカーUVV
株価53.01$
一株配当2.12$
配当利回り4.00%
配当性向56.2%
連続増配年数44年
3年配当成長率2.0%

ユニバーサルは米国の大手タバコ商社。子会社を通じてタバコ葉の栽培、売買、加工、梱包、貯蔵、輸送およびタバコ製品関連の融資サービスを提供。黄色種・バーレー種タバコ、暗色空気乾燥種タバコ、オリエンタルタバコなどの加工と販売を手掛ける。タバコの調合や化学的検査などのサービスに加え、ジャストインタイムの在庫管理の提供、シートタバコの製造も行う。

・ユニバーサル・ヘルス・リアルティ・インカム・トラスト

ティッカーUHT
株価47.59$
一株配当2.56$
配当利回り5.38%
配当性向95.56%
連続増配年数30年
3年配当成長率4.9%

ユニバーサル・ヘルス・リアルティ・インカム・トラストは米国の不動産投資信託(リート)。カリフォルニア、テキサス、フロリダ、アーカンソー、イリノイ、インディアナ、ルイジアナ、ペンシルベニア州などで、救急病院、行動医療施設、リハビリテーション病院、亜急性病院、手術センター、保育所、医療オフィスビルなどヘルスケアと福祉関連施設に投資する。

・トーマス・ロウ・プライス・グループ

ティッカーTROW
株価66.49$
一株配当2.08$
配当利回り3.13%
配当性向46.5%
連続増配年数29年
3年配当成長率15.2%

Tロウ・プライス・グループは米国の金融サービス持株会社。米国内の個人投資家や確定拠出型年金制度(401Kプラン)、また、米国内外の機関投資家にTロウ・プライス投資信託を中心に米国内外株式、債券、マネーマーケットファンド、その他投資商品への投資アドバイス、投資信託代行業務、401K口座管理、金融商品仲介、預金口座、信託業務などのサービスを提供。

・イートン・バンス

ティッカーEV
株価28.17$
一株配当1.06$
配当利回り3.76%
配当性向44.0%
連続増配年数35年
3年配当成長率1.5%

イートン・バンスは投資信託商品(主にオープンエンド・クローズドエンド型投資信託)の開発、販売、運用を行う。個人資産家と機関投資家に資産運用や投資アドバイスサービスを提供する。また、個人資産家、機関投資家、提携証券会社にラップ口座を提供する。主に米国、欧州、アジア太平洋、中南米で事業を展開。

業務内容はYahooファイナンスより引用しています。

5銘柄の比較

ティッカーCINFUVVEVUHTTROW
株価61.24$53.01$28.17$47.59$66.49$
一株配当1.92$2.12$1.06$2.56$2.08$
配当利回り3.14%4.00%3.76%5.38%3.13%
配当性向71.1%56.2%44.0%95.56%46.5%
連続増配年数55年44年35年30年29年
3年配当成長率4.1%2.0%1.5%4.9%15.2%

数値のみで選別した結果、業務内容は金融3企業、タバコ1企業、RETI1つとなっています。

はっきり言って、この中で想像可能なのはタバコくらいしかありません。

タバコは日本やアメリカなど先進国での需要は減少傾向ですが、

人口増加傾向の新興国での需要増加や値上げによる成長が見込まれています。

UVVの懸念として挙げられるのはタバコ葉の収益性の低さでしょうか。

採算のとれない畑は別のものへの転換が進められていますが、

そこは大手の強みで乗り切れるのではと思っています。

第一候補はUVV、次点でTROW、EVといったところでしょうか。

資金が入った時点で再検討して購入を考えてみます。