IBMが決算発表 純利益19%減で株価は120$へ

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

IBMが2015年第4四半期・通期決算を発表

IBM

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

1月19日にIBMの決算発表がありました。

四半期決算

・売上高:220億6000万ドル(前年同期比-8.5%)

・純利益:44億6000万ドル(前年同期比-19%)

通期

・売上高:817億ドル(前年比-12%)

・純利益:131億ドル(前年比-10%)

ドル高の影響をかなり受けており、事業売却や為替の影響を除くと売上高で2%減収となります。

これでIBMは15四半期連続の減収となりました。

2013年に215ドルの高値を付けた株価は現時点で121ドルまで下落しています。

IBM

・株価:121.85

・EPS:4.84

・一株配当:5.20

・利回り:4.26%

今回の決算発表後の下落で、利回りは遂に4%を超えることになりました。

スポンサーリンク

今後の見通しと購入判断

IBMが今後の成長分野の柱としてあげているクラウド、アナリティクス、エンゲージメントは

順調に推移し前年比10%前後の増となっています。

この分野の合計売上高は前年比17%増の289億ドルと好調ですが、

他分野の損失に変わるほどの成長にはなっていません。

また、IBMが転換を進めている分野はブルーオーシャンとは言えず、

アマゾンやグーグル等をはじめとする企業との激しい競争を繰り広げることが想像されます。

いくらIBMとはいえ、今後の成長が確約されているとは言えない状況です。

今の決算状況をみる限りは購入に踏み切るのは少し躊躇してしまう状態に見えます。

ただ今回の決算内容はドル高の影響で表面的にはかなり悪く見えますが、

為替の影響を除くと減収は2%程度で前回までの決算内容からそう変化無いと考えられます。

過去にほぼ同様の状況下でバフェットは買い増しを行っておりましたし、

IBMが転換を進めているカテゴリーの利益が順調に伸びていることをプラスに捉えるならば

安く仕込むチャンスかもしれません。

配当利回りも4%を超えてきましたし、バフェットの動向が気になりますね。

個人的には業績が改善し成長の見通しが立ってからの購入検討を考えております。

資産が豊富にある方はここから買い下がっていくのもおもしろいのではないでしょうか。

投資は自己責任ですが、腐ってもIBMです。夢はあると思います。