【GDX】ヴァンエック ベクトル 金鉱株ETF 配当や信託報酬等まとめ

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

ヴァンエック ベクトル 金鉱株ETFについて

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

私が現在定期積立しているヴァンエック ベクトル 金鉱株ETFについてまとめてみます

ヴァンエック ベクトル 金鉱株ETF(2016.1.18→2016.5.7追記

・ティッカーコード:GDX

・設立日:2006.5.16

・価格:13.08→25.13(2016.5.8現在)

・一株配当:0.116$

・利回り:0.46%

・信託報酬:0.53%

・ベンチマーク:NYSE Arca金鉱株指数

実績(%)1 ヶ月3 ヶ月1 年3 年5 年
GDX-4.56-13.02-36.13-32.56-24.63

・チャート

リーマンショック以降数年間はなかなかのパフォーマンスでしたが、

経済回復後は上記のように散々な状況となっています。

スポンサーリンク

構成銘柄

上位10銘柄は以下のようになっており、合計52.78%を占めます。

Holding NameTicker% of Net
Assets
Goldcorp IncGG US6.74
Newmont Mining Corp
NEM US6.69
Barrick Gold Corp
ABX US6.04
Newcrest Mining Ltd
NCM AU5.53
Randgold Resources Ltd
GOLD US5.12
Franco-Nevada Corp
FNV US5.03
Agnico-Eagle Mines Ltd
AEM US4.86
Silver Wheaton Corp
SLW US4.81
Anglogold Ashanti Ltd
AU US4.35
Royal Gold IncRGLD US3.61
52.78

合計37銘柄で構成されております。

金鉱株に興味の無い方には馴染みのない名前が並んでいるかもしれません。

 構成国比率

 

構成国比率%
カナダ50.17
アメリカ15.12
オーストラリア12.64
南アフリカ9.7
イギリス6.76
中国3.97
ペルー1.64

カナダ、アメリカ、オーストラリアで80%弱を占めています。

各企業の所有している鉱山の規模分布がそのまま反映されているわけではないと思います。

鉱山規模分布の場合、もう少しアフリカ新興国の割合が増えるのではないでしょうか。

考察

GDXは世界の金鉱企業に分散投資できるETFです。

またこれらのうち、大型株が50%、中型株が40%、小型株は10%未満の比率となっており、

GDXは大型・中型株への投資がメインのETFになります。

金鉱株投資(投機かも)を考えている方で、リスク分散したい方にはオススメかと思います。

私は金鉱株投資を始めた時はNYSEで有名どころの個別銘柄を集めていましたが、

金鉱企業が置かれている状況を考えたときに、わざわざ個別銘柄でリスクを取るよりは

信託報酬(やや高めですが)を払ってでもETFで分散したほうがよいと判断しました。

もっとリスクをとってリターンを狙いたい方は個別株もいいと思いますし、

中小型金鉱株ETF(GDXJ J=juniorです)への投資を考えてもいいかもしれません。

ただ、金鉱株投資はまだ上昇の気配のみえない状況ですので投資の判断にはご注意を。

金価格の見通し

私は2015年夏より金鉱株への投資を開始しました。

たしか金価格が下落中である旨のコラムを読んで検討を始めたと思います。

ここ10年余りの金価格チャートがこちら

リーマンショック以降の安定資産である金への資金流入による大幅な上昇と、

経済回復後、それ自体が利益を生むことのない金の失墜が見て取れます。

私の参入時は1100~1200のレンジを推移している状況で、

参入の決め手となったのは、金価格と産金コストの比較でした。

当時の各金鉱会社の産金コストは1オンスあたり900~1000前後。

産金業界が耐えられなくなり供給環境が壊れる限界の金価格=産金コスト

という考えがあり、金価格の底値は近いとの判断で購入を開始しています。

しかし現在は各金鉱会社の企業努力によって産金コストの削減がすすめられており、

大手金鉱企業の産金コストが900ドルを下回るようになっています。

採掘用の大型機器に使用される原油価格の下落もしばらく続くとみられており、

まだ産金コストの削減は進められそうです。

2016年も下落傾向は続くものと考えられておりましたが、

年明け以降価格の見直しが入って分野別で最も高いパフォーマンスとなりました。

直近安値と比較すると価格は上昇しましたが、まだ安値圏であることには変わりありません。

コメント

  1. にぼし より:

    金鉱株について、ご丁寧な回答どうもありがとうございました。お礼のメールが遅れすみません。
    余剰資金もないので、買いは見送ります。
    ブログ更新を楽しみにしています。ふるさと納税のコメントも大変参考になります!