投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015が決定

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2015」が決定 

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

2016年1月15日、昨年11月に投票が行われた「Fund of the Year 2015」の結果発表が行われました。

”「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」とは?

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。”

http://www.fundoftheyear.jp/2015/より引用

簡単に言いますと、「投信ブロガーが選ぶ!fund of the year」とは

「投資信託(ETF含む)についてブログを書いている人が選んだベストな投資信託」

のことです。

2014年はニッセイ外国株式インデックスファンド、

2012、13年はバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)が受賞しております。

スポンサーリンク

2015年はニッセイ外国株式インデックスファンドが連覇

2015年の結果は以下の通り

第1位:<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

第2位:三井住友・DC全海外株式インデックスファンド

第3位:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

となりました。4位以下の結果はこちらから確認できます。

昨年はまず、9月に確定拠出年金専用投資信託であった「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド」の一般向け取扱いを楽天が開始しました。

そのため、信託報酬最安の座を明け渡すこととなった「ニッセイ外国株式インデックスファンド」が負けじと信託報酬をさらに低コストに引き下げてきました。

そしてさらに、今年の投票には間に合いませんでしたが、DIAMアセットマネジメントから「たわらノーロード先進国株式」が現時点の信託報酬最安値で販売が開始されています。

それぞれの信託報酬は以下のようになっています。

・三井住友・DC全海外株式インデックスファンド:0.25%

・<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド:0.24%

・たわらノーロード先進国株式:0.225%

熾烈を極める競争となっております。

2016年は上位争いに「たわらノーロード先進国株式」が加わることでしょう。

ニッセイが信託報酬最低を維持するために再度引下げを行うのか気になるところです。

ちなみに私は確定拠出年金を三井住友・DC全海外株式インデックスファンドで運用しており、

そちらの信託報酬引き下げを切に願っています。

現時点でメインの投資先を投資信託に乗り換えるつもりはありませんが、信託報酬の低い投資の選択枝が増えることは喜ばしいことです。

信託報酬の競争は是非続けてもらうとして、あとは証券会社さんに確定拠出年金の商品見直しをお願いしたいところです。