クラフト・ハインツのユニリーバ買収は勘弁してほしい

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

出典:クラフト・ハインツ公式HP

クラフト・ハインツがユニリーバへ買収提案

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

2月17日、クラフト・ハインツ(KHC)がユニリーバ(UL)に対して1,430億ドルでの買収提案をもちかけたことが明らかになりました。

ユニリーバ側は過小評価されていると提案を拒否しましたが、今後も買収協議は継続の見通しだそうです。

この発表を受けて株価はKHCが+10.74%、ULが+14%の上昇となっています。

・KHC 1ヶ月チャート

・UL 1ヶ月チャート

現時点でULの所有比率は高くはありませんが、今後ポートフォリオの一角を担ってもらうつもりだっただけに今回の株価上昇は残念の一言・・・。

買収側は資金面の懸念から株価は下がることが多い印象ですが、市場はULの買収を好意的にみているようです。私でもそう思います。

スポンサーリンク

まさかのユニリーバ

食品業界の大型M&Aの噂はかねてから散見されていました。ブラジルの富豪ジョルジ・パウロ・レマン氏の活動が報じられていたからです。

レマン氏はかつてバフェットと組んでクラフト・ハインツの合併を取りまとめた人物で、今回はモンデリーズやゼネラル・ミルズ、ケロッグといった名前が候補として挙がっていましたが、まさかユニリーバのような規模の企業に白羽の矢が立つとは思っていませんでした。

ユニリーバ側による買収やスピンオフの可能性は考えていましたが、ユニリーバが買収されることに関しては完全に想定外でした。

買収の内容についてもKHC側から現金と株式交換の組み合わせが提案されており、約2/3が現金で残り1/3を株式交換の形とのこと。恐らく特定口座内での対応は難しいことが予想されます。

正直、めんどくさいので嫌です。

KHCの取得も考えたことが無いわけではありませんが、高PER・低利回りの点がネックでありULの方が魅力的に見えます。そのため現時点でKHCは私のポートフォリオには含まれていませんし、ULから乗り換える予定も今のところありません。

がんばれユニリーバ!

そんな提案、さっさと破断にしてしまえ!