【ポイント】貯まったポイントの効果的な使い方を考えよう!

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

ポイントを有効的に使えていますか?

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

みなさんはポイントを「貯める派」ですか?それとも「すぐ使う派」ですか?

最近、Tポイントや楽天ポイント、Pontaポイントなどの共通ポイントの普及が進み、いろいろな店舗で利用する機会が増えていると思います。

企業や店舗が導入しているポイントの多くは、キャッシュバックや値引きとして利用することができるため、ポイントの有効活用をされている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

「貯めてから使う方法」と「すぐに使う方法」、どちらにもメリットはあると思いますが、私は断然すぐに使うことをおすすめしています。

その理由を簡単にまとめてみましたので、ポイントの利用方法について考えるきっかけにしていただければと思います。

スポンサーリンク

ポイントを貯め込むデメリット

一部の限られた使用法を除いて、ポイントを貯め込むことは非常にもったいない行為です。

ポイントを貯め込むことのデメリットを何点か挙げてみます。

・ポイントは利回りが0%

ポイントには基本的に利息が付きません。

ましてや株式のように配当金があるはずもなく、自動的に増えていく仕組みがありません。

例えば10万円分のポイントを貯めているのと、10万円分の株式を所有しているのでは天と地ほどの違いです。

月2万円積立の力を見てもわかるように、上記の違いは長い年月をかけて大きなリターンの違いを生むことに繋がってしまうのです。

・有効期限の存在

今までにポイントを貯め込んだことのある方なら、一度くらいは有効期限切れの経験あるはずです。

私も大学入学時の転居に伴い実家近隣店舗のポイントをことごとく失効してしまった苦い記憶があります。

共通ポイントに関しては全国チェーンで使用できるため失効の恐れは低いかもしれませんが、地方のチェーン店や個人商店のポイントは転居で失効してしまうことが多々あると思います。

ポイントを失効することは、ポイント提供元へお金を寄付するようなものです。

・サービス改悪の恐れ

よくある話がポイント還元率の改悪でしょう。

ここしばらく、高還元率を謳うクレジットカードのポイント還元率低下が相次いでいます。

還元率の低下だけならまだいいですが、ポイントの価値は企業のさじ加減次第でいくらでも変えてしまうことが可能です。

有名どころでは過去にミスタードーナツがポイントの廃止を行っています。

私事では就職後に始めたポイントサイトの還元率悪化が実行されてしまい、貯めていたポイントの価値が8割程度に減少してしまった経験があります。

・信用力の低さ

ポイント還元率の改悪・サービスの終了以前の話で、企業や店舗が倒産してしまう可能性があります。

この点においては現金との信用力の違いが顕著ですね。

日本のデフォルトが叫ばれるようになって久しいですが、その間にも多数の企業・商店が破綻に陥っており、幾多のポイントが価値のないものと化しています。

例えば銀行に預けたお金の場合は1,000万円まで保証されています。しかし、企業が発行・管理しているポイントについては全く保証がありません。

たとえ1,000万円分のポイントを保有していたとしても、企業がつぶれてしまったらそこまでです。

1円の価値もなくなってしまいます

貯めた方がいいのはマイル目的の場合だけ

上に挙げたようなデメリットはポイントを使える時にすぐ利用してしまえば、少量のポイントは被害にあったとしても大きな損害からは避けられるようになります。

このような理由から基本的にはポイントの迅速な使用を進めているものの、一つだけ例外的にある程度貯めた方がいい場合が存在します。

それは、マイルとしての利用を目的とする場合です。

ポイント→マイルへの換算率やマイルの利用目的にも左右されますが、使い方次第でポイントの価値を大きく増やすことができるからです。

例えば、私が使用しているポイントサイト「ハピタス」を例に挙げると、

ANA To Me CARD(通称ソラチカカード)と組み合わせることで、

1ポイント=0.9マイルのレートでの交換が可能になります。

またここで、マイルの使用目的は基本的に海外旅行に限ります。

通常の国内旅行での使用で考えるとマイルの価値は「1マイル=1円」前後ですが、海外旅行での使用、さらにビジネスクラスやファーストクラスと組み合わせることで、

「1マイル=5~10円」程度まで価値を高めることができるのです。

こういった使い方を前提とした場合に限り、ポイントを貯めるメリットが生まれるといえるでしょう。

ポイントに同額の現金以上の価値を持たせることができない場合、溜め込むことは無意味です。

ポイントの有効な使い方まとめ

以上より、ポイントの有効な使い方をまとめると以下のようになります。

・基本的にもらったポイントは使える場面で最大量使ってしまう。

・近いうちにマイルで使用する予定がある場合のみ、必要な量だけ貯める。

私も昔はハピタスのポイントをマイル交換目的に貯めていたましたが、私の場合は子供が小さく旅行に行ける機会がしばらく訪れそうに無いため、現在は月に1回の頻度で現金へ交換しています。

現金に変えるチャンスがあるのに、わざわざ信用の低いポイントで所持する意味はありません。

みなさんも貯まっているポイントは使える時にさっさと使ってしまいましょう。