【まじで必読】ふるさと納税の確定申告で使えるマメ知識

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

photo0000-4053 (1)

前置き

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

(記事とは全く関係なんですけどね、前置きです。)

とても寒い日が続いていますね。我が家は子供が風邪でてんてこ舞いです。

例年センター試験の日程は天気が荒れることが多いですが、今年も残念な雪模様となってしまいました。受験生のみなさん、勉強に加えて移動から体調管理まで色々と大変だったと思いますが、ひとまずお疲れ様でした。センター試験が終わり受験に区切りの付く方もいる一方で、もうしばらく忙しい日々が続く方がほとんどでしょう。(さすがにこのブログに受験生はいないと思いますが、)受験生を支える家族の側として大変な時期を迎えている方もいらっしゃるかと思います。もうひと踏ん張りです、頑張ってください。

スポンサーリンク

「寄付先の所在地」「寄付先の名称」が厄介

話は変わりますが、受験と時を同じくして確定申告の時期が近づいてきました。

国税庁の公式HPでも1月4日より平成28年分の確定申告書等作成コーナーが新しく設置されています。

昨年は期限ぎりぎりの時期に確定申告で色々と振り回されてしまったので、その反省を踏まえて今年は早めに手をつけることを決意していました。

今週末も仕事だったのですが合間をみて現在コツコツと作成中・・・。

で、今回はふるさと納税の記載について一つ耳寄りな情報です!

確定申告書の作成を進めていくと寄付金控除のページにたどり着きます。ここで2016年分のふるさと納税一覧を入力していくわけですが、昨年までとても面倒だったのが

「寄付先の所在地」「寄付先の名称」蘭の記載です。

今年はなんとその入力欄が改善されてリストボックスから都道府県と市町村が選択できるようになっており、選択した都市の住所と名称が自動入力されるようになっています!!

やるやん、国税庁。

とはいえ、これはこれでかなりの改善ではあるものの、この機能を利用したとしても人によっては寄付先が数十件とかあったりするわけで、なんにせよかなりの手間が掛かることは必至です。

(私は昨年ちまちまと十数か所の入力をしましたが、市役所の住所を調べて入力していく作業はまるで拷問のようでした。。)

そして今回伝えたい本題は・・・

この作業、省略できます(ごめんなさいe-Taxの場合は知りません。

具体例

具体的に省略ってどういうことかといいますと、寄付先の入力はぶっちゃけ無しでもOKということなんです。

私の場合は空欄だと落ち着かないので、一件だけにまとめて入力しています。

例えば、2016年に複数の自治体へ合計15,5000円の寄付をしていたとしましょう。

その場合、「寄付先の所在地」、「寄付先の名称」、「寄付年月日」を一件分だけ適当に選択して入力し、「支出した寄付金の金額」の蘭は合計金額である15,5000円と入力します。

そして最後に「他」と付け加えたら完成です!

○具体例↓

 

ウェブ上で作成する場合、どうしても「寄付年月日」の蘭を埋めておかないと次の画面へ進めないため一件だけ記載しました。

(※参考までに、愛媛県八幡浜市の「真穴みかん」。おいしいです。)

ふるさと納税 愛媛県八幡浜市から「季節の柑橘(ブランドみかん 真穴)」
八幡浜市からふるさと納税お礼の品こんにちは。「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。愛媛県八幡浜市から10,000円寄付のお礼の...

この方法、 超おすすめ です!

かなり手間の省ける方がいると思います。

確定申告書作成の際に思い出していただければ幸いです。