ジュニアNISAの運用方法決定!商品は米国高配当株ETF一本で

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

arrow631

妻と投資の話は失敗!

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

年明けに設定した今年の目標がいくつか進展しそうになっています。

ここしばらく、2017年の目標として挙げた

  1. 妻の確定拠出年金加入
  2. ジュニアNISA積立開始
  3. 妻と投資の話をする

の3つを達成すべく、妻と対話の機会をうかがっていました。

先日子供の教育について話す機会がありましたので、ここぞとばかりに教育費を絡めてジュニアNISA積立の件に関して相談してみました。

大学授業料や一人暮らしの生活費等、自分から話を振っておいて頭の痛くなるような内容ではありましたがキツめの数字設定も功を奏したか、協力して教育費の積立を行うことになりました。

今月末より夫婦で月2万ずつ出し合ってジュニアNISA口座へ振り込んでいくこととなります。

そしてここからが本日の本題、投資先についてです。

投資信託かETF、それとも個別株にするのか・・。

いくつか候補を見繕って説明をしようとしたところで妻が言い放った言葉は、

妻「私には分からないから、まかせた。」

・・・これは責任の放棄だよなぁ。ため息でちゃうわ。

ということで「妻と投資の話をする」は案の定失敗でした!

とても達成できる気配は感じられませんでしたが、まだまだ2017年は始まったばかりなのであきらめずにがんばります。

スポンサーリンク

以前の投資候補はVT・VIGでしたが・・・

さて、一任されてしまいましたので独断と偏見で投資先を決定してしまいましょう。

以前に候補として挙げていたのは「VIG」・「VT」の二つでした。

ジュニアNISAの運用検討 候補は【VIG】・【VT】
thumbnail:ワン太郎2016年4月よりジュニアNISA制度開始こんにちは。「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。NISA口座の普及が進み...

上記記事の作成が2016年の2月なので1年近くの時間が経過していますね。

基本的な考え方が変わったわけではありませんが、結構前からVTへの投資はやめようと考えていました。記事を書いた頃は、子供が成長して投資について考えることができるようになった時、VTへ投資していた方が(主に国単位での)投資先やリスク分散の点で考えるきっかけにできるのではと思っていました。

でも、実際自分が子供の立場でジュニアNISA口座を受け取るとして、本当にVTへ投資して欲しいかというとそんなことはないんですよね。やっぱり自分がいいと思うもの、信じられる商品へ投資していて欲しいなと思います。

私の信じる投資先はやはり「米国株・高配当・連続増配」です。

というわけでVTは候補から落選。

いくつかの候補からHDVを選択

米国株・高配当・連続増配から候補となるETFはいくつか候補が挙げられます。

・バンガード:VIG,VYM

・ブラックロック:HDV,DVY

・スパイダー:SDY

この辺りですね。

投資対象、信託報酬、過去の実績等、どのETFを比べてみても素晴らしいものだと思います。

この中から私はHDVを選択しました。

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF 配当や信託報酬等まとめ
iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFについてこんにちは。「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。私が現在定期積立しているiシェ...

HDVを選択した最大の理由はセクター別構成比率です。

・HDV:セクター別構成比率

過去に他と比較して大きな利益を上げている「生活必需品」、「ヘルスケア」、「エネルギー」といったセクターが大きく割合を締めています。

他のETFと比べた時に一番魅力的な部分はここでした。(逆に言うと、この他に決定的な差が無かったとも言えます。)

もし構成比率が大きく変更されることがあれば再検討となる可能性もありますが、それほど急激に変化することは考えられないため特別問題が起こらない限りはHDVの積立を続けていこうと思います。

きっと子供に運用権が渡るころには素晴らしいリターンをもたらしてくれると信じて。