月5000円弱の固定費削減に成功!OCNの格安SIMを導入

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

固定費削減へ まず携帯料金の見直し

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

12月にドコモから2年契約の満了月である旨のSMSが届いておりましたので、

今月中なら追加料金無しで変更可能となります。

せっかくの機会ですので、今年の目標として挙げていた固定費削減の第一歩として

携帯料金の見直しを行いました。

スポンサーリンク

格安SIMの導入へ

私はドコモでスマートフォンを利用していましたので、そのスマートフォンで使用するSIMカードをどれにするか決めるだけです。

SIMカードを選ぶ時に重要なのが、

・カードに求める機能

・各企業事のサービスの内容

の二つになります。

SIMカードの種類は、

データ通信専用SIM、SMS付きSIM、音声通話対応SIM の三つになります。

私は親族や古い友人との連絡手段としてキャリアのメールアドレスを残しておきたかったため、ドコモでフィーチャーフォン(ガラケー)へ変更する予定でしたのでデータ通信専用SIMが必要になります。

そこで各企業ごとのデータ通信専用SIMカードのプランについて比較しましたが、はっきり言ってそこまで大差はありません。最初はプロバイダで契約しているBIGLOBEにしようかと思っていましたが、通信速度に関して安定感がないという噂があったため、知人の間で評判のよかったOCNの3Gタイプにすることにしました。ちなみに現在の最安値はおそらくDMMです。

アマゾンでSIMカードをポチり、その二日後に届きましたので準備万端ドコモショップへ。

機種は月々サポート割引が他に比べて優遇されているSH-07Fを選びました。

私と同じようにスマートフォンとガラケーの二台持ちを考えている方にはおすすめ機種です。

今後の月々支払額

来月以降の支払い料金は以下の通り

・携帯料金

基本使用料FOMAタイプSSバリュー+1864
一年割引-470
ファミリー割引-470
その他サービスiモード、メールサービス+300
留守番電話サービス+300
携帯保障サービス+380
月々サポート-837
ユニバーサルサービス料+2
端末代金端末代金分割支払い代+643
消費税消費税+152
合計(携帯利用料)1864


・合計(携帯料金+SIMカード)

1190(SIM月額利用料)+1864(ドコモ携帯料金)=3054


携帯料金とSIMカード代、合計3054円となりました。

月当たり約4500円の節約に

いままで私がドコモに月々払っていた料金はほぼ固定で7500円ほど。

来月から月々利用料が全て込みで3054円(無料通話分1000円)となります。

月々約4500円、年間55000円の節約となりました。

私はキャリアメールアドレスを維持するためにドコモの携帯を所持することにしましたが、

キャリアメールを使用しない人であればさらに金額を安くすることも可能です。

音声通話SIMに乗り換えた場合、月々2000円前後で利用できることになります。

ちなみに音声通話SIMでもMNP(番号変更なし)することもできます。

一括0円のMNPを利用するのもいいと思いますが、使い慣れたスマホを変更するのが面倒だというような方は私のように格安SIMの利用を検討してもいいかもしれません。