BATのRAI買収に暗雲か?

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

レイノルズは買収提案をひとまず拒否

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は10月21日にレイノルズ・アメリカン(RAI)への買収提案を発表しましたが、この買収計画が失敗となる可能性が指摘されています。

発表時点ではRAIの株式を1株あたり$56.50で総額470億ドルでの取得提案でしたが、RAI側はこの提案を価格が安すぎるとして拒否。買収金額の上乗せを要求していました。

本来ならば金額を引き上げて買収協議がつづけられるところですが、ここ最近の両社の株価推移のために雲行きが怪しくなっています。

スポンサーリンク

株価推移と買収への影響

ここ3ヶ月間でのBAT、RAI両社の株価推移は以下のとおり

・BAT/RAI 3ヶ月比較チャート

BAT:高値から-14% RAI:安値から+16%

 

 

BATはトランプ大統領就任の憂き目にもあい、株価は散々なものになっています。

ここで買収の話へ戻りますが、BATはRAIの買収を現金4割と株式交換6割の組み合わせで計画していました。BATの株価下落のために株式交換の負担がかなり大きくなります。加えて買収価格の引き上げを要求されているため、計画自体が見直しとなる可能性が生じてしまったのです。

RAIの株価は長期的に見ても右肩上がりとなっており、買収を先送りにすればさらに費用が増大してしまうことは想像に難くありません。将来的にも買収を検討する余地があるのなら多少無理してでも今回話をまとめてしまった方がいいと個人的には思いますが、どうなるでしょうね。

もし計画が撤回されてRAIの株価が下がるようなら是非取得したいところ。今後の動向を見守ります。