【MDT】連続増配38年の医療機器メドトロニック新規取得

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

メドトロニック新規取得

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

12月2日にメドトロニックを13株新規取得しました。

メドトロニック

ティッカーMDT
株価$72.01
EPS$3
PER23.98
一株配当$1.72
配当利回り2.39%
配当性向57.3%
配当形式四半期
連続増配38年

・5年チャート

スポンサーリンク

事業内容・決算等

・事業内容

メドトロニックは医療器具メーカー。事業部門は心臓・血管、回復治療、糖尿病。主に不整脈、心臓血管疾患、神経障害、脊髄・筋骨格疾患、泌尿器系障害、消化器疾患、糖尿病、耳鼻咽喉疾患の診断や治療用のペースメーカー、植込み型除細動器、ステント、インスリンポンプ、電気刺激装置、手術器具などの各種医療機器を開発、製造、販売する。

yahoo financeより

名前の由来はMedical(医療)とElectronic(電子工学)から。電池式体外式ペースメーカーを世界で初めて開発した医療機器メーカーです。1957年に開発されて以降、心臓領域の医療機器を中心に発展を遂げてきました。現在ではペースメーカーや除細動器、人工弁、ステントなどの心血管領域に加え、糖尿病や神経系、整形領域、手術関連デバイス等幅広く事業展開しています。

 

・製品一覧(日本メドトロニックHPより)

やはり心臓関連の製品が多いですが、2014年に同じ医療機器大手コヴィディエンを買収して以降、ポンプ系や手術関連機器のラインナップが充実しました。

心疾患用埋め込み式デバイスのシェアはほぼ全てにおいて世界一位を誇ります。ペースメーカーで4割弱、埋め込み型除細動器や心臓再同期療法デバイスのシェアは全世界で50%を超えます。

・業績推移

2014年にコヴィディエン、2016年にハートウエアの買収を行っています。買収に伴って売上高は大きく増加していますが、研究開発費・管理費・営業費等コストも上昇したため利益率は悪化、純利益の増加には未だつながっていません。

・キャッシュフロー推移

潤沢ですね。

・配当金推移

Dividend.com

38年連続増配を行っています。

2012年に一株当たり$1.005だった配当は2016年には$1.62まで61%増加しました。

 

取得にあたって

四半期決算の内容がコンセンサスに届かず、調整後EPSの通期予想も下方修正されたことから成長鈍化が懸念され、株価は年初の水準まで下落しています。

事業内容の項で述べたようにメドトロニックは心疾患や糖尿病など慢性期疾患を得意とする企業です。先進国の高齢化に伴って今後も需要の増加が予想されることもあり、今回少しではありますが取得しました。

個人的にはあまりヘルスケア領域へ積極的に投資するつもりはないのですが、こことJNJくらいは投資しとこうかと思っています。シーゲル博士に習って。