【BTI】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ新規取得

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ新規取得

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

11月11日にブリティッシュ・アメリカン・タバコを11株新規取得しました。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ

ティッカーBTI
株価$106.53
EPS$5.74
PER18.47
一株配当$4.36
配当利回り4.09%
配当性向75.9%
配当形式半期
連続増配17年

・5年チャート

スポンサーリンク

事業内容・決算等

・事業内容

ブリティッシュ・アメリカン・タバコは、イギリスのロンドンに本社を置く、世界第2位のタバコ製造販売企業。略称BAT又はBA。代表的な銘柄にダンヒル、ケント、ラッキーストライクなどがある。

wikipediaより

世界1位は言わずと知れたフィリップ・モリスです。BATは現在レイノルズ・アメリカンへ買収提案しており、これが成立した場合はPMを抜いて世界1位のたばこ会社となります。

レイノルズは470億ドルでの買収提案を拒否して金額の上乗せを要求しています。果たしてどのくらいの金額に落ち着くのか、そもそも話自体がまとまるのか・・・要注目です。

 

・業績推移

 同業他社の多分に漏れず、減少傾向の売上高を利益率の改善と自社株買いで補っています。

ちなみに2016年半期までの業績はまずますで、前年同期比で売上高4.2%増、EPS1%増となっています。ポンド安の進行も重なって今回の業績自体は期待できるのではないでしょうか。ドル建てなので見た目上は減配の可能性もあると思いますが。

 

・EPSと年間配当

 近年の配当成長率は4%と物足りない数字がつづいているものの、たばこ関連他社と比較すると配当性向にはまだ余裕ある方といった様相です。

2010年~2014年の5年間で123億ポンドの配当と44億ポンドの自社株買いを実行、合わせて167億ポンドの株主還元を行っています。この姿勢を株主還元に消極的な日本企業にも見習って頂きたいですね。

 

・配当金推移

Dividend.com

$換算後の数値です。連続増配年数はおそらくですが17年。BTI公式HPのIRからは少なくとも2007年から増配が継続していることは確かです。

 

 

BATは最近ではレイノルズ買収提案のニュースで話題となりましたが、他にも新型の加熱式たばこが発表されて注目されています。名称は「glo」(グロー)といい、他社製品同様に有害物質の大幅な削減に成功しているようです。

個人的な感想としては、見た目は一昔前のアップル製品みたいだと思いました。たばこを連想させないところはいいんじゃないでしょうか。

本体に専用たばこを刺して1分程加熱すると、その後3分ほど喫煙することができるそうです。この「1分待つ」というのがめんどくさそうですね。ニコチンが切れてイライラしているところでさらに待てというのは結構ストレスな気がします。他社製品について詳しくないのでなんとも言えないのですが。。

PMの「iQOS」、JTの「Ploom TECH」、そしてBATの「glo」の3製品が当面は争っていくのでしょう。JT株は所有していないのでとりあえずはPMとBATに頑張ってほしいところですが、非喫煙者の立場からするとたばこが臭くなくなるのは大歓迎なので今後もどんどん競争してイイものを生み出してもらいたいです。