【T】米国最大級の通信事業AT&T新規取得

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

AT&T取得

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

10月頭にAT&Tを50株新規取得しました。

AT&T

ティッカーT
株価$38.87
EPS2.33
PER16.68
一株配当$1.92
配当利回り4.94%
配当性向82.4%
配当形式四半期
連続増配32年

・年間チャート

高配当株への資金流入が続いていましたが利上げ観測の高まりによってここ数カ月は下げ基調です。

スポンサーリンク

事業内容・決算等

・事業内容

AT&Tは米国の通信業持株会社。主に携帯電話事業を展開、子会社AT&Tモビリティを通じて米国内の企業や個人に市内・長距離携帯電話、ローミングサービスを提供。また、インターネット接続、専用回線、DSL、IPテレビ「U-verse」、ブロードバンド、IP電話、ウェブホスティングなどのサービスを提供。本社はテキサス州ダラス。

yahoo financeより引用

ベライゾンと並ぶ米国通信事業の双璧です。

※参考

【VZ】ベライゾン・コミュニケーションズ新規取得
ベライゾン・コミュニケーションズ取得こんにちは。「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。8月15日にベライゾン・コミュニケーシ...

AT&Tのシェアは全米2位。

・10年間業績推移

まさに大手通信といった感じで売上高の安定が見て取れます。2015年夏にはディレクTVの買収を完了し、売上高・純利益を積み増しました。

逆に利益の安定しなさは通信事業の常でしょうか。設備投資や買収費用にどうしても左右されてしまう印象です。

ちなみにAT&TとしてはディレクTVの衛星TV事業は終了させ、ネット配信方式へ変更する方針のようです。

※参照:AT&T、衛星TV事業を2020年までに終息・今後はネット配信方式に転換へ

通信事業の成長拡大路線が困難な状況で、ベライゾンは広告事業、AT&Tはテレビ放送事業へ手を広げていくことになります。どちらも競合が厳しそうな気はしますが、通信事業の基盤を生かして頑張ってほしいところです。

指標の続き。

てんでバラバラです。ベライゾンなんかも似たようなグラフになっていたので事業分野的にどうしようもないんでしょうね。

投資キャッシュフローに割かれる割合が大きいですが、フリーキャッシュフローは安定して生み出されています。さすがは配当貴族銘柄。

・配当推移

dividend.com

32年連続増配中です。基本的には$0.04ずつの増配になります。過去の推移を見ると増配率自体は期待できるものではありません。

$40を割ったところで取得したものの既に取得価格から$1強下落してしまいました。現在の利回りは4.94%で5%まであと少しのところです。米国が今後どこまで利上げできるかも怪しいものですが、定期購入に加えて下落時には積極的に追加取得していきたいです。

コメント

  1. グリーンティー より:

    こんにちは。アメリカ株での配当金についてなのですが、以前、買った時に、配当金には外国税が取られて、更に日本国内での税も取られて二重課税になっていたのですが税務署に出向き、確定申告するのでしょうか。

    • キュウゾウ より:

      グリーンティーさん、コメントありがとうございます。

      外国税額控除のことですね。
      おっしゃるとおり、二重課税された分を取り戻すためには確定申告が必要になります。
      確定申告することで、配当金支払通知書に「外国源泉徴収税額」等と記載されている金額が所得税から控除されることになります。
      ちなみに私の場合、昨年分は控除される税額が雀の涙程でしたので申告しませんでした。今年分は確定申告する予定です。
      (NISAを利用した株式の配当に関しては二重課税されていませんので外国税額控除は利用できません。)

      http://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/home/pop690_koujyo.html
      上記サイトが参考になるかと思います。今後共よろしくお願い致します。