【KO】コカ・コーラ新規取得

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

コカ・コーラ取得

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

9月2日にコカ・コーラを30株新規取得しました。

コカ・コーラ

ティッカーKO
株価$43.66
EPS1.76
PER24.81
一株配当$1.4
配当利回り3.21%
配当性向79.55%
配当形式四半期
連続増配53年

・年間チャート

スポンサーリンク

事業内容・決算等

・事業内容

コカ・コーラはノン・アルコール飲料の世界最大メーカー。ノン・アルコール飲料用濃縮液とシロップの製造と販売に従事する。同社ブランドは500種以上の炭酸飲料、ダイエット炭酸飲料、果汁飲料、紅茶、コーヒー、水、スポーツ飲料、エネルギー飲料と多岐にわたる。主要品名は「コカ・コーラ」、「ダイエット・コーク」、「パワーエイド」、「ダサニ」、「ミニッツ・メイド」など。

yahoo financeより

みんな大好きコカ・コーラの販売が収益の柱です。コカ・コーラを置いていない飲食料品店はほとんど無いのではないでしょうか。好きな人は本当に一生飲んでますよね。糖質かカフェインか、具体的な原因物質は知りませんがおそらく軽い依存症なのではないかと思っています。

そういう点ではタバコや酒と近しい販売戦略と言えるでしょう。健康志向に押されている点も同じですね。

 

タバコ・酒との相違点としては

 

・ニコチン・アルコールと比較すると依存性は軽微

・健康被害もそれほど叫ばれていない

・税負担は軽い

 

といったところでしょうか。

依存性が強くないぶん値上げした場合に消費者離れが進む可能性がありますが、特別な税負担はほぼ課せられていないため大きな価格変動には至りません。やはり世の中うまい具合にバランスがとれているように思います。

※一応、フランスとアメリカの一部では「ソーダ税」なるものが存在していますが、現時点で世界的な広まりはみられていません。今後の動向は要注目です。

 

・直近5年間業績推移

新興国での販売に苦戦しており売上高は減少傾向。

値上げとコスト削減で利益をカバーしている状況です。

配当性向も上昇し、余裕がなくなってきました。

2016年の増配は6%にとどまっています。

設備投資が少なくて済む業態のためFCFは潤沢です。

最近の業績的にはペプシコ(PEP)の方が順調な推移を見せていますが、利回りからKOを優先しました。私はコーラ飲まないのでKOが好みとかそういったバイアスは入っていません。強いていうなら爽健美茶派(KO派)ではありますが。

飲料系に関しては両社に分散投資する予定なので、そのうちPEPも取得するつもりです。