【PM】実質外国源泉徴収無しのフィリップ・モリスより配当

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

フィリップ・モリスより配当

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

7月19日にフィリップ・モリスより配当をいただきましたので報告。

【PM】世界最大のタバコ企業 フィリップ・モリス取得
フィリップ・モリス取得こんにちは。「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。アルトリア・グループにつづいて、世界最大のタバコ...

・フィリップ・モリス

ティッカーPM
株価$103.00
EPS$4.49
一株配当$4.08
配当利回り3.96%
配当性向90.9%
配当形式四半期毎

今回の配当は1株あたり1.02$でした。

保有株数は10株なので、

$1.02×10株=$10.2 (税引き後$10.18)

日本円($1=105.86円)換算で1,077円の配当金をいただきました。

スポンサーリンク

PMは外国課税ほぼ無し

フィリップ・モリスから初めての配当金をいただきました。

PMは米国企業ではありますが収益の大半が米国外なので外国源泉課税がほぼかかりません。

今回の場合だとNISAでの取得ですので、

引かれる税金は$0.02×10単位×10%で$0.02のみでした。

こういう点で考えると、NISAでの取得銘柄は

課税のかからない英国企業やPMのような企業が魅力的に見えます。

自分のように小規模な投資家がNISA枠全てを上記企業で使い切ろうとすると

ポートフォリオがものすごく偏ってしまうので実質不可能ですが、

今後も上記のような企業を取得する場合は余裕があればNISA枠を利用したいと思います。

↑冷静に考えるとほぼ変わらないですよね。

キャピタルゲインに関しては非課税となりますので、

NISA所有に向いている外国株は無配で株価に反映されるものかもしれません。

配当利回りもとうとう4%を切ってくる水準となっていますが、

PMは定期的に購入を続けていくつもりです。

次回決算は7月19日に第2四半期決算発表が予定されています。

配当発表は9月中頃です。

増配を楽しみに待とうと思います。