自動車税をnanacoカードで支払って楽天ポイントゲット

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

nanacoカードで税金が払える

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

今回初めてnanacoカードで自動車税を支払いましたので参考までに。

コンビニで支払いできる税金はnanacoカードで支払うことができます。

自動車税や住民税、市町村によっては固定資産税などが該当します。

nanacoカードで支払ってもnanacoポイントはつきませんが、

クレジットカードチャージを利用することでクレカのポイントが付与されます。

注意点としては、下記のことが挙げられます。

・JCB発行のものしかnanacoチャージはできない

・クレカによってはnanacoチャージはポイント対象外のものもある

ちなみに今回は楽天カードでの支払い方法を挙げてみます。

スポンサーリンク

支払い手順

1.まずはnanacoカードを作ります。

イトーヨーカドーでは毎月8のつく日はハッピーデーとなっており、

nanacoカード作成時に1,000円以上チャージすれば手数料無料となります。

私はたまにやっているセブンイレブンの手数料無料キャンペーンを利用しました。

2.e-NAVIで本人認証サービス登録

https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi/

上記ページに移動し、ログイン後カード情報を登録します。

楽天JCB以外の方は「My JCB」に登録する必要があります。

3.nanaco会員メニューにログインし、クレジットカードを登録

https://www.nanaco-net.jp/pc/emServlet

上記ページに移動し、nanacoカードに記載されている番号を入力してログイン。

その後、先程e-NAVI(もしくはMy JCB)に登録したカードを登録します。

登録方法はこちらに詳しく記載されています。

4.チャージ

nanaco会員メニューから「nanacoクレジットチャージ」を選択し、

支払いに必要な額をチャージします。

ちなみにこの時点ではまだnanacoカードへの入金は完了していません。

5.コンビニで支払い

nanacoカードと納税通知書を持ってコンビニへ。

支払う前の注意として、レジかATMでまず残高確認をしてください。

店員に「残高確認をお願いします。」と言えばしてくれます。

残高確認をすることでnanacoカードへのクレジットカードチャージが完了します。

残高確認せずに支払おうとすると、残高0円で支払えないと言われてしまいます。

私はこの仕様のせいで一回帰宅に追い込まれました。。

結果、790ポイント

今回の支払い額が、39,500円×2台=79,000円

楽天カードの還元率が1%なので

79,000円×1%=790ポイントいただきました。

もしリクルートカードを利用した場合は1.2%還元ですので、

79,000×1.2=948ポイントいただくことができます。

本当は固定資産税の支払いもnanacoで済ませたかったのですが、

私が住んでいる市では支払いに対応していませんでした。。

田舎なので仕方なし。

初回で色々調べながらやったため少しめんどくさかったですが、

これで800円浮いたと思えば安い労力だと思います。

初回は登録などに色々手間がかかりますが、次回からは簡単に支払えますし。

市によっては住民税の分割に対応してくれるところもあるようですので、

自分で住民税を支払っている方なんかは調べてみることをおすすめします。

自動車税・固定資産税・住民税全て支払うと結構なポイントになりますよ。