1.75%→1.5% 漢方スタイルクラブカードが改悪で変更を検討中

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

クレジットカード紹介

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

私が主に使用しているクレジットカードが2015年12月に改悪されました。

今後の変更を含めて少し考えてみたいと思います。

私が普段使用しているクレジットカードは以下の通り

・漢方スタイルクラブカード

妻が家族カードをもっており、我が家の主役となっています。今回改悪される前は還元率1.75%でかなりお勧めのカードでした。悪い点はカード使用後、利用明細に反映されるのが遅いためになかなか月の収支をはっきりさせることができない点です。

・ダイナースクラブカード

ダイナースの特典にエグゼクティブダイニングというものがあり、大体はそれが目的で所持しております。エグゼクティブダイニングを利用すると、特定のレストランに二人でコース料理を食べに行った際に料金が一人分になります。独身の頃は今よりもフットワークも軽く、都会へ遊びに行く機会もありましたので年会費の元くらいはとれていたのではと思います。現在田舎暮らのし家族持ちの私は普段の生活で使うことはほとんどありません。今の状況では年会費がもったいないですね。

・楽天カード

漢方スタイルクラブカードのnanacoカードへのチャージの還元率が改悪となった際になんとなく作りました。たしか8000ポイントキャンペーンにつられたのだと思います。税金の支払いの際に使用しています。

・イオンカードセレクト

20日30日の5%OFFに使用しています。株主優待も狙っていますが、いかんせん高くて手が出ません。信用売り枠が残っていたらクロス取引するかも程度です。

スポンサーリンク

漢方スタイルクラブ改悪でメインカード変更を検討中

先月より、いままで1.75%還元だったのが1.5%に改悪となりました。

また、以前までは年間100万円以上の使用があればボーナス500ポイント(1p=5円相当)もらえていたのが、2016年2月から約117万円の使用でボーナス350ポイントになります。

我が家の年間カード利用額が400万強くらいなので、年間1万750円強の損失です。

月々で割ると大した額ではないかもしれませんが、

これが10年、20年とつづくとなかなかの大金です。

長期投資を志す者としては、この辺がちょっと残念に感じます。

候補はリクルートカードプラスだが

bsPAK63_visamaster20140531

漢方スタイルクラブカードの変更先として現在有力なのがリクルートカードプラスです。

リクルートカードプラスはなんと還元率が2%で、年会費低価格帯の中では最高を誇ります。

0.5%も差があると、我が家の場合単純計算で年間2万円強も還元額が変わります。

ちなみに漢方スタイルクラブカードは家族カード込みで年会費1900円+消費税

リクルートカードプラスは家族カード込みで年会費3000円+消費税

年会費の差は微々たるもので大勢に変わりはありません。

この数字だけ見るとリクルートカードプラスの圧勝に見えますが、なぜ検討中かというと、

リクルートカードのポイントが使いにくそうなのです。

リクルートカードのポイントが使える店舗は指定されており、

ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティー、じゃらんなどの関連店舗になります。

超ど田舎に住んでいる私には使い道がありません・・・

ポンパレモールという最大の使い道になりそうなものがありますが、

私は楽天(特にマラソン)をひいきに使っており、ポンパレモールにはなじみがないのです。

しばらくポンパレモールを散策してみて、カードを変更するかどうか決めたいと思います。