SBI証券・マネックス証券でのスピンオフの取り扱い

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

EMRがスピンオフ予定

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

所有銘柄のエマソン・エレクトリック(EMR)がスピンオフを予定しています。

2016年9月30日までに事業分離手続きを完了予定しており、

分離後の新会社の名前はバーティブ(Vertiv)となることが発表されています。

私にとってスピンオフは初めての経験です。

分離後の株式割当について気になったので簡単に調べてみたところ、

証券会社毎に扱われ方が違っていることがわかりました。

特定口座・NISA口座で取り扱ってくれるところもあれば、

そうでないところもあるみたいです。

スポンサーリンク

SBI証券でのスピンオフの対応

ちなみに私がEMRを所有しているSBI証券でのスピンオフの対応は、

・NISA口座

NISA預りで保有している銘柄に株式分割・合併・株式交換・株式移転等の権利処理が発生した場合、権利処理後の預り区分は「NISA預り」が引き継がれます。
但し、上記同一銘柄を他の預り区分(「特定預り」・「一般預り」)でも保有している場合、非整数倍の株式分割や株式併合・会社合併等が行われた結果、各預り区分に1株未満の端株(小数点以下の数量)が発生した場合には、端株(小数点以下の数量)の合計が整数となる株数については「一般預り」となります。

・特定口座

注)スピンオフの注意事項
A株がB社をスピンオフ、とのコーポレートアクションを発表した段階で、A社もB社株も一般口座に払い出されます。また、A社株、B社株ともに単価調整は行われず取得単価はA社株で特定預かりの際に購入した際の取得単価を、「参考単価」として表示します。

となっており、NISA口座で所有している場合は特に問題なさそうなのですが、

特定口座で所有している場合一般口座へ移されてしまうため面倒なことになりそうです。

マネックス証券でのスピンオフの対応

マネックス証券に問合わせた際の回答を貼り付けます。

>現在、NISA口座・特定口座にて米国株式取引を行っております。
それぞれの口座で取得している米国株がスピンオフを行った場合、
株式はどの口座で扱われることになるのでしょうか?

以下回答

こちらは割り当てられる株数によって、対応が異なります。
以下にて、具体的に、原則となるルールをご案内いたします。

例)1:1などの割合で1株以上割り当てられる場合
NISA口座 1株保有→ そのままNISAにて1株割り当てされる
特定口座 1株保有→ そのまま特定口座にて1株割り当てされる
※税務上、特定口座での取り扱いが可能である場合に限る


1:0.45など、1株以下で割り当てられる場合
NISA口座 1株保有→ 一般口座に払い出される
特定口座 1株保有→ 一般口座に払い出される
0.45+0.45=0.9 となり、1株未満であるため、
「現金(USD)」払いとなる

1:1.5などの割合で割り当てられる場合
NISA口座 1株保有→ 1株はNISAに残り、0.5株は一般口座に払い出される
特定口座 1株保有→ 1株は特定口座に残り、0.5株は一般口座に払い出される
0.5+0.5=1となり、この分は一般口座にて保有することとなる
(特定口座やNISA口座への振替えはできない)

上記のように回答をいただきましたが、

例えば15株所有していて1:0.45の割当ならどうなるのか。

まさか全部一般口座に移されることはないよねと確認したところ、

>追加で質問なのですが、
例えば1:0.45での割り当てとなった場合、
それぞれの口座で15株ずつ保有していたとしたら扱いはどうなりますか?

NISA 15株保有→ 6株NISA、0.75株は一般口座へ
特定 15株保有→ 6株特定、0.75株は一般口座へ
0.75+0.75=1.5で1株は一般口座、0.5株は現金払い

上記の理解でよろしいでしょうか?

以下回答

ご理解の通りです。
一般口座で1株保有となり、端数については「現金(USD)」払いとなります。

※税務上、特定口座での取り扱いが可能である場合に限り、特定口座への
入庫となる点についてはご了承ください。

「税務上、特定口座での取り扱いが可能でない場合」というのが

どういった場合が当てはまるのかはよくわかりませんが、

税務上取り扱いができないということはどこの証券会社でも不可能と思われます。

と、いうわけで

現在SBI証券からマネックス証券へ株式移管の準備中です。