2016年5月分ETF定期積立

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

5月分の定期積立

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

5月分の定期積立をしましたので報告します。

銘柄コード金額・単位
バンガード 米ドル建て新興国政府債券ETF VWOB1単位
iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFHDV1単位
iシェアーズ 好配当株式 ETFDVY1単位
iシェアーズ グローバル・エネルギー ETFIXC7単位(25,000円)

スポンサーリンク

 今後の方針など

株価は上昇気味でしたがドル円レートが悪くない数字でしたので、

いつもより少し早めに積立を実行しました。

今回の取得価格と前回の比較がこちら↓

・IXC:31.61$(29.9$)

・HDV:79.07$(78.48$)

・DVY:81.93$(80.89$)

・VWOB:77.53$(76.54$)

※()が前回購入価格

レートは106円強(前回は108円ほど)でした。

原油価格の上昇でIXCは取得単位数が減ってしまいましたが、

その他のETFは円換算では取得額ほぼ変わらずとなりました。

原油ETFの1671は先日売り払いましたので、

今月から株式取得額は25,000円ほど減少しております。

個人的に原油ETFはいまいちな選択肢でした。

金と違ってロールオーバー時のコストが高く、

原油価格上昇がそのままETF価格に反映されなかったため、

想定よりも小さなリターンとなってしまいました。

コンタンゴによる影響が思っていたより大きいことがわかりましたので

積立長期投資からは撤退です。

IXCへの積立はルール通りに続けていく予定です。

XOMやCVXへの投資も検討してはいますが、

特定分野の下落時は最大手よりも小型株のほうがリターンは期待できるでしょう。

実際、金鉱株ETFでもGDXよりGDXJのほうが現時点で値上がりは大きいです。

結局のところ、どちらがいいかは時間が経過しないとわかりませんし、

しばらくはこのまま継続して大きな下落があれば再検討というスタイルで保留します。