妻がお小遣い制を導入

スポンサーリンク
↓ブログランキング

↓米国株・配当ブログランキング 参考になるブログがたくさんあります

米国株・配当ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

↓ふるさと納税ブログはこちらがおすすめ

ふるさと納税ランキング
お礼
いつも応援していただき、ありがとうございます。 皆様のクリックが励みになります。

妻と家計に関して相談

-shared-img-thumb-OOK75_prezensurudansei20131223_TP_V

こんにちは。

「米国株で夢の配当金生活」のキュウゾウです。

今年の目標として挙げていた「妻と家計の話をする」をさっそく実行しました。

妻はいままで家計に関して全くノータッチでした。もっとはやく関心を持ってもらいたかったのですが、いざ家計の話をしようとすると

妻「あなたが家計を管理してくれているから、私はお金の心配をしなくてすんで幸せだわ」

などと満面の笑みで宣い、うまく話を進めることができないでいました。

しかし、今回は違います。

私がこつこつと節約を実行する様をみせてきた甲斐があったのでしょう。

妻も多少思うところがあったようで、最近は自分の買い物の判断を私に相談するようになっていました。

満を持して、今回の相談です。

スポンサーリンク

大幅な固定費の削減はむずかしい

まずは固定費の話からです。

妻に現在の固定費の額が50万円であることと、その内訳を話しました。

  • 住宅ローン:約10万円
  • 自動車ローン:約4万円
  • 車残価用積立:約5万円
  • 自動車保険:約2万円
  • 夫婦の保険:約15万円
  • 夫婦の奨学金:約3万円
  • 通信費:1万5千円

その他、ガソリン代や確定拠出年金等も含めておよそ50万円です。

細かい数字は機会があれば公開するかもしれません。

完全に身の丈を超えていますw

ローン・奨学金関係は単純に減らすことはできないでしょう。保険料がこの値段になっているのは、生命保険の積立が大部分を占めています。自分は「がん」家計で、もし自分が死んでしまった場合、妻が余裕を持って暮らせるようにこの額は必要と判断しています。家計管理うまくできないでしょうし、子供の負担になるようなことだけは絶対にしたくありません。

結局、医療保険・自動車保険・通信費の見直しを行うことに決まりました。

小遣い額は5万円に決定

自分の手取りから固定費・積立費等を差っ引いて、月の生活にまわせる額が約15万円。

(妻は働いていますが、現在は子育てのため休職中)

その中から、妻への小遣いと食費、日用品への金額を割り振らなければなりません。

小遣い額として私が考えていたのは

・5万円+(10万円ー生活費)×1/3

・(15万円ー生活費)×3/4

のどちらかを妻に選んでもらおうかと思っていました。

生活費が7万円かかった場合に、小遣いが6万円で同額となります。

7万円以上かかった場合は前者、節約出来た場合は後者の小遣いが多くなる計算です。

妻に選んでもらおうとすると

妻「月5万固定でいいから、無理に節約を押し付けないでほしい。自分はスーパーで値段を考えずに買い物するのが一つの夢だった。」といった内容を言われてしまいましたw

そこまで極端な節約を求めていたわけではないですが、妻は本気でやり始めるとけっこうこだわるところがあるので、これくらいのほうがストレスが少なくていいかもしれません。

というわけで、妻の月の小遣いは5万円に決定です。

生活費が10万円をオーバーした場合には翌月から差し引きすることになります。

小遣い用、生活費用のクレジットカードを用意してからはじめようと思っているので、

本格的なスタートは2月か、3月くらいになるでしょう。

これで妻は私にお金の使い道を相談しなくて済みますし、私にとってもクレジットカードのよくわからない使用履歴がストレスになっていましたので、決まった額の中でやってもらえることになって、とてもありがたいです。

お金の話は多少気まずくなるようなことも多いかと思いますが、今回は穏便に話合いをすることができて本当によかったです。

もし、私のように一人で家計について悩んでいるような方は、一度パートナーと話し合いの場を設けることをおすすめします。機嫌のいいときにw

ちなみに上記の固定費は、夫婦共働きの前提で計画したものです。

しかし妻は現在子育て中。復帰はもう間もなくの予定ですが、

私は妻にがっつり働いてもらうよりは、家で子育てに集中してもらいたい希望があります。

妻は自分の小遣いupのためにも働きたい(?)みたいです。

むずかしいですね。

私がもっと稼げるようになればいいのですが・・・がんばります。